FC2ブログ

富樫倫太郎「箱館売ります 上•下」を読みました。土方歳三がカッコ良い、それだけで満足 - すこやかぶろぐ。

すこやかぶろぐ。 ホーム » スポンサー広告 » 読書のこと » 富樫倫太郎「箱館売ります 上•下」を読みました。土方歳三がカッコ良い、それだけで満足

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

富樫倫太郎「箱館売ります 上•下」を読みました。土方歳三がカッコ良い、それだけで満足

箱館売ります


こんにちは、すこやか(@suko_yaka)です

わたしが読む小説のほとんどは、警察モノやミステリですが
歴史小説もごくたまに読みます。

その少ない歴史小説たちの中で、もっとも重要な共通点は
カッコいい土方歳三が出てくること。


司馬遼太郎の「燃えよ剣」はもちろん
浅田次郎の新撰組三部作とも呼ばれる「壬生義士伝」「輪違屋糸里」「一刀斎夢録」
など、新撰組が活躍する作品は好んで読んでいます。

幕末モノを読んでも、完全に幕府側ひいきなわたしです。






さて、この「箱館売ります」は主に3つの立場から物語が進んでいきます。


注目の土方歳三を含む、旧幕府(箱館新政府)のパート
榎本武揚、大鳥圭介など後の明治政府で活躍する人物も登場します。


他には
平山金十朗、斎藤順三郎、要蔵などの地元の人々です
同じ塾で学問を志す仲でしたが、新政府と旧幕府の登場とともに意見が対立することになります。


そして更に
激動の日本、蝦夷に入り込み、日本を植民地にしようと謀略を巡らすロシア、プロシア


それぞれの視点で始まった物語が、徐々に近づいていき、交差し大きな1つの流れになるところは
入り込んで読んでいました。





複数のエピソードを伏線とし、クライマックスにひとつに繋がっていく
っていうのは、まぁよくあるパターンだけど
そうなると知ってるから楽しく読んでいるのですよね

富樫倫太郎さんの「SRO」シリーズもそういう意味で、とても楽しく読みました。


なぜ土方歳三がカッコいいのか



頭がキレて、剣が強い、そしてイケメン

しかし、それだけじゃないのです
箱館にいる土方歳三は、とっても悲しいのです。

仲間の多くを失い、幕府は崩れ、箱館政府はもはや死に体
刀ー本で成上がるも、戦は鉄砲と大砲で行われてます。
頭のいい土方歳三はそのことに気づいています


それでも榎本武揚についてきたのは、死ぬためです。
武士として美しく死ぬ場所を探して箱館まで来たのです。

(この人について行けば、死に場所くらいは見付けてくれそうだ)



また、多摩の百姓の四男として生まれた土方歳三は、
他の家に養子に行くか奉公口を探すか、どちらかの道しかありませんでした。

そこから剣の力で新撰組副長にまでなり、ついに武士になります
武士に憧れ、だれよりも武士であろうとする。
筋の通った人物です



「少なくとも生まれつきの武士じゃねえ。百姓の倅だからな。そんなおれが武士になろうとすれば、
どんなときにも『武士として、どのように行動すべきか』ということを考えていなければならないわけだ。」








そんな土方歳三の活躍を読めるということだけでも
おすすめ度は★★★★☆ 星4つです

特に、新撰組での土方歳三しか知らない方にはぜひ読んで欲しい1冊です。


すこやか


にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。