親戚襲来に怯えるニートたちへ。天皇杯サッカー決勝をスタジアム観戦するべきたった2つの理由 - すこやかぶろぐ。

すこやかぶろぐ。 ホーム » スポンサー広告 » Jリーグのこと » 親戚襲来に怯えるニートたちへ。天皇杯サッカー決勝をスタジアム観戦するべきたった2つの理由

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

親戚襲来に怯えるニートたちへ。天皇杯サッカー決勝をスタジアム観戦するべきたった2つの理由


こんにちは

人気ブログ風のタイトルをつけてみました。
こんな感じでいいのかしら


さて、元旦と言えば天皇杯サッカー決勝!

KIMG0305_convert_20140102123532.jpg


国立競技場に観戦に行きました(2年連続4回目)

結果はご存知の通り、横浜Fマリノスが勝ち、カップを挙げました。
おめでとう!!!

思えば3週間前、泣き崩れていた中村俊輔選手がねぇ
(→今、日本にいる中村さんの中で、最も悲しい中村さんは、中村俊輔だよね
いやー良かったよ!


ということで、理由その1 煩わしい親戚たちから解放される



聖地•国立競技場には、親戚はやって来ません
ということは、毎度おなじみのあの愚問


「今はなにやってるの??^^」


という何とも不毛なやり取りをしないで済むのです。
それだけで穏やかな元旦になること間違いなし!

もちろん、親戚のくそガキ共にお年玉を配る必要もない!
それに比べたら、チケットなんて安いものです





そして理由その2 晴れる→日光を浴びる→夜はぐっすり眠る


関東地方の元旦は、いわゆる"特異日"
かなり高い確率で晴れます。

ニートと言えば、どうしても夜型生活になりがち
でも、天皇杯を見に行けば
新年そうそう、生活リズムを朝型にするチャンスが到来するのです






ということで
最低限、この2つだけは知っていて欲しい。
他にも、真剣勝負に感動して、やる気が出るとかそういうのもあるけど、
こういうのは感じ方に個人差があるからねー

中村俊輔選手の顔つきを見て、わたしはやはり考えさせられましたよ
次回以降もしかしたら書くかもしれない
真面目なことを。



最後に心配事がひとつ

現在の国立競技場での天皇杯決勝は今回が最後でした。
改修中はどこで決勝やるんだろう。
埼玉スタジアムだったらすごく嬉しいけど
横浜国際競技場だったらどうしよう。
交通機関的な意味でも、ピッチと観客席的な意味でも

遠い、遠すぎる


来年は行けないかもしれないと
今から心配なのでした。



すこやか




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://takeceasy.blog.fc2.com/tb.php/40-458b7407

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。